ザ・ヨコハマタワーズ/通販市場百貨店

横浜の『通販市場百貨店』は最高級ツインタワー、ザ・ヨコハマタワーズに所在するショッピングや観光、文化をエンジョイできるコミュニティスペースです。

世界の最新自動車ニュース・トピックス

こちらの記事を最初から読みたい方は、ビジネス欄 をご覧ください。


  • 日本で車を販売している方、車が好きな方、日本が好きな方、世界を相手にグローバルビジネスを展開したい方。

    日本の車は世界で大人気!

    日本の車は、そのクオリティの高さから世界じゅうから愛されているのは周知のことでしょう。。

    少子高齢化、車離れなど様々な要因で日本国内では車が売れなくなってきていますね。実は、あなたの車をほしいお客様は日本国内よりも海外により多くいるのです。

    私も海外に車を販売したい

    海外に日本の車を販売するためには、海外の顧客、海外バイヤーを獲得するために、英語で車の輸出販売ホームページが必要ということはわかりました。
    >> 今井ゆみに依頼する
  • 海外に日本の車を販売するためには、日本の車を日本の市場から仕入れるために、比較的入会しやすい中古車ネットオークション会場へ入会が必要ということもわかりました。
    >> アイオーク

    海外に日本の車を販売するためには、比較的入会しやすい中古車ネットオークション会場へ入会するために、古物商の許可証が必要ということもわかりました。
    >> 最寄りの警察署

    今井ゆみ、アイオークに依頼し、最寄りの警察署へ足を運び、それらの準備は終わりました。ここまでが下準備です。

    そして、いよいよ日本から自動車の輸出販売、海外グローバルビジネスのスタートです。

    車の輸出販売を始める

    車の海外販売用ホームページを今井ゆみに依頼した後、あなた自身でも、少し中学校時代の英語を復習されてみましたか。
  • 中学程度の英語、英会話なら問題なさそうですか。

    リスニングが少し苦手だな、聞き取りにくいなという場合は、テレビの二か国語放送や字幕付きの配信番組が役に立つことでしょう。

    VOA(Voice of America)という比較的聞き取りやすいニュースの配信番組をご存知でしょうか。

    こちらのニュース番組などは、比較的聞き取りやすい発音でリスニングの訓練、トレーニングには最適でしょう。

    聞いてみたけど、けっこう早口でなかなか聞き取れなかったという方は、なにも一語一語、単語を見落とすことなく聞き取ろうなんて考える必要はありません。

    単語としてではなく、言葉を塊として文章の全体を聞き取るようにしてみて下さい。

    わりと聞こえませんでしたか。


  • 単語ひとつずつ全ては聞き取れなくても、文章全体のニュアンスとしては聞き取れたはずです。

    それでも、どうしても英語を聞き取れなければ仕方ありませんので、あなたは英会話は諦め、車の方に徹しましょう。

    ちなみに、ある会社の社長さんの話です、会社は車の海外販売を事業として展開しているのですが、その社長さんは英語が全くだめで一言も話せません。

    ですが、その社長の妻は大学の英文科を卒業しているので、妻が海外バイヤーとコミュニケーションして、社長は、現場で車の手配のみに徹しています。

    どんなビジネスでも、人と資本を適材適所に配置して、運用していけばできないことなどありません。

    出来ることを考える
  • ビジネスにおいてアイデアに勝る武器はありません。知恵を絞りだしましょう。



    プリンセストレーディングだってそうです。

    現在、私が所属しているプリンセストレーディングでは、父の歯科医院を継ぐために病院経営を見習い中だった今井祥恵が、社長として起業しました。

    妹の今井ゆみが、海外バイヤーに販促する車の海外販売用ホームページのデザイン、制作と運用を担当しています。

    海外バイヤーとの商談、営業は、営業部長である私と営業スタッフたちが担当です。
  • どんな海外グローバルビジネスでも、人と資本を適材適所に配置、運用すれば成り立っていけるものです。

    英語は全く駄目だったのに、気の合う仲間たちと共に車の海外販売をはじめて、あれよあれよと海外にいくつもの支店を出すまでになってしまったなんて話もよく聞きます。

    SNSで知り合った海外の方を、現地マネージャーとして雇い、おまけに日本語まで習わせて、現地の海外バイヤーと自分との手足にして、海外グローバルビジネスを展開させていったという方もいます。

    その方は、現在は日本の大手車の海外販売会社の会長をやっています。

    まさに「我が道を行く」スタイルですね。

    私の同級生で、社長でもある今井祥恵も、いずれは自分は父の歯科医院に専念しなければならなくなるからと、


  • プリンセストレーディングは早く妹や私たちに任せて会長に退きたいとよく言っています。

    妹の今井ゆみには、会社経営などぜったい無理そうだし、いずれは私がプリンセストレーディングを背負っていかなければならないのかとは考えています。

    オリジナリティ 独創性

    自動車の海外販売にとって、車を買ってくれるお客様は海外にお住いのため、車は海外に納車しなければなりません。日本の国境を越えて納車するのですから、海外への輸送、自動車の輸出がマストになります。

    海外のお客様に、日本に在る高品質な自動車を届けてあげたいという気持ちこそが、この海外グローバルビジネスにとって一番大切ですね。

  • 自動車を海外に届ける

    海外のお客様に、日本に在る高品質な自動車を届けてあげたいという気持ちを一番にしたら、英語が少しぐらいわからないとかどうでも良いことですね。

    英語がわからないなら、わからないなりに、どうやって海外バイヤーとコミュニケーションしていけば良いのか、その方法を考えてあげれば良いだけなのです。

    車の海外販売を始めるにあたって、出来ないところはそれぞれが頭で考えて、知恵を絞りだして、それぞれにいろいろと工夫されれば良いのです。

    それぞれでいろいろと工夫しなければならないところは独自に工夫すれば良いわけです。

    古物商の取得

    それぞれで工夫しなければならない部分は、いろいろと考えなければならないですから時間も要します。
  • 何も考えなくても、車の海外販売を始めるためには、誰もが必ずしなければならない部分も多いです。

    最寄りの警察署に行って、古物商の許可証を取得することなどが、それに当たります。

    古物商の許可証を取得するのに、何もアイデアを絞り出す必要などありません。みなが共通で最寄りの警察署に行って、申請してくれば良いだけです。

    車の海外販売を始めるために、何か特別に取得しなければならない法的資格は特にありません。

    日本では、車の輸出を仕事とするための資格というものは何もありません。

    世界では、仕事として輸出入業務をするためには、特別な資格が必要となる国もけっこう多いみたいです。

    しかしながら、日本ではそういった制約は特になく自由に貿易業を行えます。


  • 自由貿易の国ですから、貿易管理令も改正され輸出許可証も不要になりました。

    基本的には、どなたでも自由に自動車の輸出が出来るようになりました。

    ですが、あなたが輸出しようとしている自動車は、新古車もふくめて中古車になります。だから、中古の品物を取り扱うための許可証、古物商の許可証が唯一必要なる資格になります。

    この資格は、最寄りの所轄警察署に行って申請さえすれば、特別な場合を除き取得できる資格、許可証になります。

    実は、この許可証は主に贓物罪との絡みで必要となった許可証のようです。

    贓物罪は、ぞうぶつざいと呼びます。
  • 窃盗、詐欺、恐喝などにより不法に得た財物であることを知りながら、これを収受、運搬、保管、売買等の法律行為を行うことを指します。

    刑法256条1項2項による3年以下の懲役

    古物商許可証には、中古の品物を取り扱う業者として事件に関与してしまったときは捜査に協力すると言う一面も期待されているようです。

    なので、取得に当たっては刑事事件に関与したことがあるかどうかというのが許可の判断基準の一つになっているようです。

    但し、全国各所轄の警察署によって、その解釈に違いがあるようですので、詳しくは、あなたの最寄りの警察署へお問合わせされると良いでしょう。
  • 最寄りの警察署は最初の取引先

    ちなみに、あなたが古物商許可証を取得しに行った、あなたの最寄りの警察署は、あなたの車の海外販売ビジネスで一番最初のお取引先になる可能性があります。

    お問合わせする際も、古物商の許可証を取得する際も、丁寧に接しておかれることをお奨めいたします。

    なぜなら最寄りの警察署には、これから先、あなたが仕入れた車のナンバープレートを抹消したり、配送する際の許可を取りに行ったりする際などに、何かとお世話になることもあり得るからです。

    最寄りの警察署は、あなたがこれから始める車の海外販売での最初の取引先と思うようにしましょう。


  • 最寄りの警察署とは良い人間関係を保つように致しましょう。

    参考

    実は、古物商許可証も、車の海外販売グローバルビジネスを始めるに当たって必ず必要な資格というわけではありません。

    特に古物商許可証を取得していなくても、以前からずっと車の海外販売ビジネスをされている方々も大勢います。

    アルバイトがてらで、車の海外販売ビジネスを始めようという程度ならば特に不自由はないでしょうし。

    ですが、これから車の海外販売ビジネスを始められるあなたは、最寄りの警察署に行って、ぜったい古物商許可証を取得しておいたほうがぜったい良いでしょう。
  • 但し、中古車オークション会場、中古車ネットオークション会場に入会することを考えているのならば、必ず入会資格として古物商許可証が求められます。

    結局、これから車の海外販売グローバルビジネスを始めようというあなたは、最寄りの警察署に行って古物商許可証を取得しておいたほうが良さそうです。

    後は、あなたの車の海外販売ビジネスを始めることに対する取り組み方、考え方次第です。

    その他の資格

    車の海外販売ビジネスを始めるにあたって、その他に必要な資格、許認可、届出といったものは何もありません。

    ほかに資格ありません。
  • 車の海外販売グローバルビジネスで取り扱う自動車は、基本的には新車は含まれません、新古車を含む中古車のみとなります。

    中古車は、古物営業法施工規則によって分類された13品目のうちの「自動車」に当たります。

    その「自動車」を取り扱う者は、古物営業の許可申請をして許可を受けた者つまり古物商となります。

    車の海外販売グローバルビジネスを始めるには、基本的に古物商許可証以外の資格、許認可はいらないのですから、古物商許可証ぐらい取得しておいたほうが良さそうです。

    フリマ出品は対象外

    古物商の規定の中に、自宅で不用になった物品をフリーマーケット等に参加して売却


  • するだけであれば古物商の許可は必要ありません とあります。

    建て前上は、ご自分や親類、知人などの車を「情報」として扱い、あなたはその業務をあくまで海外バイヤーへの代行するという形になります。

    古物商許可証は、必要ではないでしょう。

    ただ継続、反復して行う場合は、業として行うこととなるでしょう。

    何か事件に巻き込まれたりしたときは、古物商許可証を取得していないことを追求される恐れもあることでしょう。

    どっちにしても、中古車オークション会場、中古車ネットオークション会場に入会するには必要です。
  • 本気で、車の海外販売グローバルビジネスをスタートさせるつもりでいるのなら、変なところで意地になっていないで古物商許可証は取得しておきましょう。

    古物商許可証の申請方法は、全国どこの警察署でもあまり違いはないようですが、各都道府県の公安委員会によっては、若干違いがあるようです。

    まずは、あなたの住んでいる住所の最寄りの警察署、管轄の警察署に行って訪ねてみましょう。

    最寄りの警察署にとって、管轄内に居住するあなたはお客様です。

    遠慮することはありません、悪いことしているわけではありませんので、堂々と行ってお問合わせしましょう。
  • 銀行口座の準備

    車の海外販売ビジネスで、海外バイヤーとの取引はTT決済を選びましょう。

    電子マネー決済、LC決済や小切手などいろいろな決済方法があります。

    しかし、初めての車の海外販売ビジネスなのですから、まず最初は基本となるTT決済で始められるのが無難で安心です。

    TT決済とは、海外にいる相手の海外バイヤーから日本国内のあなたの元に海外送金してもらう取引です。

    送金先であるあなたの銀行口座を海外バイヤーに知らせなければ、海外バイヤーは、あなたの銀行口座に海外送金することができません。


  • あなたは。そのための専用口座を銀行に開設しておく必要があります。

    海外バイヤーからの送金専用に開く銀行口座は、海外送金に対応している銀行ならば、どちらの銀行でも良いです。

    良いのですが、あまり海外で知られていない銀行、海外に支店があまり多くない銀行よりも、海外バイヤーの知名度もあり、海外支店が多い銀行の方が良いでしょう。

    そういう意味では、大手都市銀行を選ぶ方が無難でしょう。

    ちなみに、銀行口座を開設する際には、個人名でもかまいませんが、銀行口座名を屋号にして開設することもできます。

    屋号で口座を開設する

    屋号、法人名で銀行口座を開設しよう。
  • 車の海外販売ビジネスを始める際、特に法人登記をして、法人を設立してからビジネスを始める必要はありません。

    車の海外販売ビジネスは、個人でも普通に始められます。

    法人登記した法人名で始める必要性はありませんが、あなたの車の海外販売店に屋号、店名を付けておいてあげるのは、お客様、海外バイヤーへのサービス、マナーでしょう。

    法人化しなくても、屋号だけは付けるようにしたほうが良いでしょう。

    開設する銀行口座も屋号、店名で開設することができます。

    口座の通帳表記
    その場合の通帳への口座名義人の表記は「屋号+個人名」となります。
  • 海外バイヤーは、振込先の宛名を指定することで「屋号のみ」でも送金することができるようになります。

    海外バイヤーがあなた個人宛に送金するよりも、あなたの屋号、店名宛に「○○自動車店」と送金する方が、海外バイヤーにとっても、あなたにとっても気持ちいいですよね。

    あなたも、海外バイヤーに対して「それでは、弊社の銀行口座に送金ください」と個人名ではなく法人、屋号名での銀行口座をご案内できるのです。

    専用の銀行口座を開設する際は、銀行の窓口で屋号名で解説したいと問合わせするようにしましょう。

    世界の海外ニュース

    世界の情勢、海外での自動車ニュースには積極的に興味を持つようにしましょう。


  • 世界の情勢、海外での自動車ニュースに興味を持つことで、自然と英語、英会話にも興味が持てるようになります。

    何より人間は、興味のあることには積極的に関わっていけます。

    英語に興味が持てれば、苦手と思っていた英語に対しての拒否感が自然と無くなっていきます。

    海外ニュースや、あなたの最も興味ある自動車のことから英語に興味を持っていき、自動車のことを話せる相手である海外バイヤーへと興味を持ちましょう。

    海外バイヤーとのコミュニケーションに興味を持ちましょう。

    再三にはなりますが、英語を、英会話を習得するには繰り返しのトレーニングしかありません。
  • 3種の神器

    車の海外販売を始めるには、車の海外販売用ホームページ、古物商許可証、中古車ネットオークション会場の3つは必須です。

    あなたが海外バイヤーにとっての魅力的な良い車を取り扱っているということを、海外バイヤーに知ってもらうために車の海外販売用ホームページが必要です。

    あなたの車の海外販売用ホームページに海外バイヤーからみた魅力的な良い車、車輛情報を掲載するためには、今の現状で中古車オークション会場に在る魅力的な良い車の車輛情報に敏感にアンテナを張っておくためにも、中古車ネットオークション会場への入会は必要です。

    その中古車ネットオークション会場に入会するためには、最寄りの警察署に行って、古物商許可証を取得しておく必要があります。
  • [contact-form-7 404 "Not Found"]


  • 車の国内販売だけでなく、こちらの「車の海外販売ホームページ」のような海外販売用ホームページをお持ちになって、思いきって車の海外販売も始めてみましょう。

    【あなたに制作する車の海外販売用ホームページの特徴とは】

    オリジナルデザイン。
    英語で制作。
    車輌リストは、ほぼいくらでも車輌を掲載*できます。輸出ホームページは世界に向けて発信されるので、対象が国内のみのサイトとは集客力が違います。海外用の英語だけでなく、国内の取引業者のために日本語ページも作ります。など多数

    * お使いのWEBサーバ仕様による

    【制作する車の海外販売用ホームページ・完成サンプル】
    プリンセストレーディング
  • [contact-form-7 404 "Not Found"]
  • 英語は、わからないよりは理解できた方が圧倒的に有利です。

    英語のトレーニング

    実は英語で何とか言いたいことを言えるようになるよりも、喋るよりも正確に聞き取ることの方が遙かに難しいです。

    それにはトレーニングしかありません。

    次項:関連団体に加入しよう
  • すぐやる! ゴオオー!


Copyright © 2014-2023 ザ・ヨコハマタワーズ/通販市場百貨店 All Rights Reserved.

Produced by ザ・ヨコハマタワーズ. Designed by Yumi.